ドロップチェッカー

ドロップチェッカー

簡単にCO2溶存量を把握できる
  CO2連続測定器ドロップチェッカー
水草は水中に溶け込んでいるCO2を利用し、光合成を行い生長します。そのため水草の健康な生長にとって、CO2の添加は非常に効果的といえます。ただし、CO2は水草の要求量に応じて、過不足なく添加する必要があり、常に水中のCO2溶存量を把握して、添加量を調整することが理想的なCO2の添加方法といえます。ドロップチェッカーは、水槽内に設置するだけで簡単にCO2残存量を把握することができるCO2連続測定器です。


ドロップチェッカーの使用方法
ドロップチェッカーpH試薬ドロップチェッカーに試薬を1滴滴下し、そこに水槽の水を専用スポイトで採り入れます。あとはドロップチェッカー内の試水をこぼさないように水槽にキスゴムで取付けるだけで、水槽内のCO2の出入りに伴うpHの変化を連続的にモニタリングします。試水は換水などで水質に変化があった場合、または2週間に一度定期的に交換してください。また、補充用試薬は、別売りのpHキットをご使用ください。