TD SEZ Calibrate with NaCl

TDS EZ Calibrate with NaCl

◎TDSとは?
Total Dissolved Solids(TDS)は、水の中に溶け込んでいるミネラルや塩、金属などの溶存イオン物質の総量を示すものです。TDS値の単位はppmで表します。

TDSの測定・管理は、魚などの水棲生物や水草の育成において非常に有効です。
TDS値の情報は、不純物質による過度の汚染を表すため、基準値の範囲内であることが重要です。またR/OおよびDI浄水器のフィルター管理のためには必要不可欠です。
●参考数値
 硬度
  軟水     100ppm以下
  中硬水  100~300ppm
  硬水     300ppm以上
 純度
  一級河川平均   約60ppm
     水道水  40~200ppm
    R/O水    0~7ppm


TDS EZ Calibrate with NaClの用途
○水質測定(不純物濃度・軟水・硬水)
○浄水器(R/Oメンブレン・イオン交換樹脂など)のフィルター寿命判定
○植物育成における肥料濃度の測定
○熱帯魚・ビーシュリンプ飼育の水質管理など

TDS EZ Calibrate with NaClの測定方法
1.センサー保護キャップを外します。
2.電源ボタンを押して、電源をONにします。
3.メーターを手でしっかりと持ち、センサー部を測定したい水に浸します。
4.軽くゆすって、センサー部の気泡を除いた後、メーター数値が落ち着くまで、数秒間センサー部をそのまま浸します。
5.メーターの数値が変化しなくなったら、その数値を読み取ります。HOLDボタンを押せば、数値を固定するのでセンサー部を自ら出して読むことができます。
6.数値画面に”×10”が表示された場合は、表示値の10倍がTDS値となります。
7.使用後は電源ボタンを押してメーターをOFFにし、余分な水分を取り除いた後、保護キャップを戻してください。

 ◆電池交換※数値の誤差が大きくなったり、表示が薄くなったら交換してください。
1.上蓋をはずして電池ケースを取り出してください。
2.古い電池を取り外し、新しい電池をケースに表記されている電池の向きに従って正しくセットします。
3.電池ケースを向きに注意してメーターに戻します。自動的に電源がONになりますので、すぐに使用しない場合は電源をOFFにしてください。

TDS EZ Calibrate with NaClの注意事項
●本品は完全防水ではありませんので、水の中に落としたり、センサー部以外を濡らさないようにしてください。また測定水位以上に本体を水に浸さないように注意してください。
●衝撃や振動を与えないでください。
●熱湯や薬品など、水以外の液体には使用しないでください。
●校正ボリュームは工場出荷時に調整済みですので回さないで下さい。正しい数値を表示できなくなります。通常使用において頻繁な校正は不要です。
●直射日光や高温の場所を避けて保管してください。